社員研修は企業を支えるためだけではなく自分のレベルアップ!

社員研修は能力の向上をさせる。

社員研修は、職業能力やスキルを向上させていきます。
「社員研修は何をするために行うの?」と思いますが、企業は組織の維持と発展をさせていくために、主要である有能な人材育成をしていく活動です。
研修は企業により違いはありますが、主に新人社員や中堅社員と管理職の教育で、ビジネスマナーやスキルと技術・技能の能力向上を習得し会社を支えるために行われています。
また、情報保護などのコンプライアンスやセキュリティなどの教育が増えてきています。
そして企業により、いろいろなメニューが用意され質のレベルアップや幅広い知識を身につけるようになっています。

eラーニングは、場所と時間を選びません。

社員研修は、eラーニングを導入する企業や自治体と団体などが増えています。
これまでの集合型研修ですと会場準備などの手配や講師との日程調整などで大変です。
eラーニングの特徴として、
1、場所を選ばずに従業員が自分の時間に合わせて学習ができるので、研修会場まで移動することがなく学習したい時間にできます。
2、個人の能力にバラツキがあり理解できずに進んでしまうことがなく、理解するまで次に進まないので自分のペースで学習ができます。
3、場所代や交通費など企業のコストが抑えられます。
4、講師を派遣してもらうことがないので、日程調整が容易になります。
こうしたメリットがあり、タブレットやスマートフォンなどの普及によりパソコンより手軽に扱えるため、eラーニングの活用が主になっています。

社員研修は、仕事のやり方を覚えるためのものだけに限りません。働き方やメンタルヘルスなど、様々なテーマを設定し、それについて学ぶというものもあります。