こんなものまで!?素人でも簡単に作れる電気製品まとめ

必要な部品のみを組み込めるパソコン!

パソコンは電気製品の中でも非常に高性能な機器ですが、実は内部の構造はさほど複雑ではありません。パーツ自体は専門店に行くと個別で販売されていますので、必要なものを購入してきて「マザーボード」呼ばれる基板に組み込んでいくだけで完成させることが可能です。比較的ローコストで自作が可能なので、自作に挑戦している人も意外と多い電気製品のひとつとなっています。

自作スピーカーで自分の好きな音色を楽しむ!

スピーカーは、同じ部品を使っていても取り付ける箱の大きさや形状で音色が異なるため、自分好みの音色を求めて自作に挑戦する人や既製品をカスタムしているといった人がとても多い電気製品です。音を発生させている部品を自作するのは難しいですが、箱と組み合わせるのは非常に簡単なので、部屋のスピーカーの音色が自分好みではないという人は一度挑戦してみてはどうでしょうか。

好きな場所に自在に設置できる照明器具!

ここにこんな照明器具を設置したいと思っても、中々思い通りの形状の器具が売っていなかったりしますよね。そういったときは思い切って自作してみるのも良いかもしれません。必要な部品も少ないですし、失敗する可能性も非常に低いため、電気製品自作の初心者にはうってつけの商品だといえます。

タップ式の延長コード!

タップ式の延長コードは家電量販店などで様々な種類のものが販売されていますが、必要な口数のものが売っていなかったりしますよね。個別で部品を入手すればケーブルの被覆をむいてタップ部分と接続するだけなので、こちらも照明器具と同様に初心者向けの自作可能な電気製品となっています。

電子部品がまだ繋がれていない配線だけのプリント基板に各種電子部品を半田付けして動作できるようにすることをプリント基板実装といいます。単に基板実装とも呼ばれます。