確定申告で白色申告と青色申告では一体何が違うの?

青色申告と白色申告の提出書類の違い

以前は確定申告を白色申告で行うメリットも存在しました。白色申告は帳簿の記帳や帳簿と書類の保存に関しての免除が設けられていたのですが、平成26年度分の確定申告から白色申告者にも帳簿の義務付けが決まったことから、経理手続き上の作業の削減というメリットはなくなりました。

現在の青色申告と白色申告の提出書類の違いは、確定申告書Bに関しては双方とも提出の義務がありますが、白色申告が収支内訳書だけで良い所が、青色申告では、損益計算書や貸借対照表といった白色申告と比べると詳細な収支がわかる青色申告決算書をする事が義務付けられています。

日頃の経理事務に関しても、白色申告や節税効果の少ない青色申告の場合は単式簿記による帳簿付けになりますが、青色申告でも最大の節税効果を得るには、複式簿記による帳簿付けが必要になります。

青色申告と白色申告の節税対策に対する違い

青色申告と白色申告の違いは、提出書類の違いだけではありません。青色申告の場合は、白色申告に比べて手間をかけた申告方法になることから、税法上でも青色申告による申告は、控除対象となっています。

税金の控除という意味では、厳密に言うと白色申告と10万円控除の青色申告、65万円控除の青色申告という形で3種類に区分をされる事になります。

青色申告でも、帳簿付けが簡易的な物である時は10万円控除の対象となる申告方法になります。これは、白色申告と同じレベルの帳簿付けの方法になりますので、事実上白色申告のメリットは何もなくなったという事がいえます。一方、65万円控除の青色申告の場合は、先ほど説明をしている通り、日頃の帳簿付けが複式簿記になる事から、ある程度の知識がないと時間が苦戦をする事が考えられます。

白色申告は事前申請の必要がなく、複式簿記をつけなくても構いません。その代わり、青色申告特別控除などの特典を受けることが出来ません。