教育を受ける社員のメリット

社員教育と言いますのは社員に対しまして会社内あるいは社外教師を招き入れ、礼儀作法の教育、専門的な知識やテクニックの育成などを考慮した教育をいいます。まず第一に会社の代表として外に出しても恥ずかしさを感じないような人作りを目的として行われます。教育対象は多種多様ですが、新入社員にとどまらず、経験値を積んできた社員も成長の為に受けることもあり得ます。受けることになるサイドの利点として、一般教養を自分のものにする事が出来るので凡ミスを避ける事が出来、専門的な知識やテクニックを手中にすることで自信に結び付きます。社員教育を時間をかけてやり通せばレベルにふさわしい成長が出来ます。

企業や教師サイドからのメリット

企業の目的と言いますのは、販売数を突き上げることであり、黙々と一途に仕事だけをしていても販売数が上がり続けるとは断定できません。販売数を上げるのは、行きつく先は人間です。ですから、人作りを行うことが重要な事といえます。企業サイドが社員教育を実施するメリットは、人間の成長ともいえます。専門的な知識を得て覚えをもたせ、いろいろな観点により販売数を上げる手段を身に着けさせることができます。それに加えて、教師は幹部が多いですが、社員教育においてレクチャーすることで教え方を会得することが実現可能ですし、初心に戻ることもできます。更に若い30代などを教師にする企業も見受けられます。若々しい世代も同じ様に教え方を会得することが出来ます。

その会社が社員に対して行う様々な教育をまとめて社員教育と呼びます。研修だけでなく、資格取得支援や面談、OJT(現場で実際に先輩に教えてもらう訓練)を通して社員の能力向上を図るものです。